育児で産後ダイエット

母乳育児ダイエットのススメ

産後ダイエットを成功させたい人に最もオススメの方法は母乳育児といえるでしょう。その理由は、授乳のもつ特性にあります。授乳という行為は、座って赤ちゃんに母乳あげているだけで、特別、体を動かしたりはしません。しかし、それだけで、1日に600〜800キロカロリーものカロリーを母親は消費しているというのだから驚きです。

 

この消費カロリーの量は驚異的で、例えば、プールで1時間もの間休まず平泳ぎを続けた時のカロリーの消費量といわれればそのすごさが解ると思います。この母乳育児は産後ダイエットの観点からみると、必須といえる育児方法だといえるのです。

 

通常の場合、母親が赤ちゃんに母乳をあげている時期には、食事で摂った栄養の大部分が、母乳を作るために使われています。ということは、通常通りの食事を続けると、太らないのはもちろんのこと、摂取カロリーが少なくなることから、逆に痩せていくダイエット効果があるということがいえます。そんな上手い話があるのかという感じですが、出産で太った後には、このように痩せ易い行為が待っているのですから人間の体はバランス良く出来ていますね。

母乳育児ダイエットでの注意点

しかし、母乳育児で、逆に太ってしまうというケースも考えられます。これは、母乳の生成と、赤ちゃんに母乳を与えることで多くのカロリーを消費している体はどうしても栄養を求めるため、空腹になってしまうのです。この時、ついつい食べ過ぎてしまい、、胃が大きくなってそのまま太ってしまうというケースです。

 

では、どうすれば、この危険を防ぐことができるのでしょう。基本的に母体や赤ちゃんのことを考えるならば、無理な食事制限や、サプリメントにたよった食生活などの、産後ダイエットが良くないことは前にもお話ししました。ということは、自然の食事をバランス良く取りつつ、低カロリーで、高タンパクの食事を心掛ける必要があるということです。さらに栄養のある母乳のためには、カルシウムや鉄分を含んだ食品も摂るよう心がけるとなおよいでしょう。

 

赤ちゃんを大事にするというのを第一において、母乳育児をしながら、自分も健康的に産後ダイエットできればそれが一番良いですよね。

母乳育児の仕組み

赤ちゃんが母乳を飲むためにおっぱいを吸うと、母親にはプロラクチンというホルモンが分泌され、このプロラクチンの作用によって、母乳の出が良くなります。さらに、このプロラクチンには子宮の収縮を促す作用があるため、子宮の回復が早くなるため、元の体型にも戻りやすく、早くなる効果があります。

 

母乳には、人工ミルクにはない、赤ちゃんに大切な免疫力をつけるための成分がたくさん詰まっているため育児の上でも良い効果があります。栄養バランスが良い母乳を与えることで、赤ちゃんも健康になり、同時に、母親の産後ダイエットにも役に立つとまさに良いことづくめです。母乳の出が悪いという方は、母乳の出がよくなる食事を心がけてみるのも1つの方法です。母親の体内で、母乳を作るために必要な栄養素は、ビタミンやミネラルですので、これらの栄養を、積極的に毎日の食事に取り入れるようにすると、変わってくるかもしれませんよ。