産後の骨盤矯正

産後ダイエットには骨盤矯正が有効とされています。その理由として産後の骨盤は、恥骨の結合部が緩んでいるため、開いた状態になってしまったいます。ですので、この骨盤を体操やストレッチで矯正しないと、太りやすくなってしまったり、放っておくと腰痛の原因になってしまいます。

 

産後は、骨盤矯正に最も適した時期とされていますので、整体や骨盤矯正に効果のあるストレッチを行ううことで骨盤を矯正しさらには、産後ダイエットも成功させてしまおうというわけなのです。

骨盤体操をしよう

出産のとき、妊婦の体は赤ちゃんが出てきやすい環境を作るために、骨盤を、開きやすいよう柔らかくします。そして開いた骨盤が、そのまま硬くなってしまうと、全身にゆがみが生じて、腰痛や頭痛の原因になってしまいます。この妊娠、出産によって、ゆがみが生じた骨盤を元に戻すことによって、体のバランスが整い産後ダイエットにも有効になります。

 

その骨盤矯正をするための手段としては、カイロプラクティックに通うというのも有効ですが、自分で出来る矯正法として、骨盤体操をするという手段もあります。骨盤体操を行って、骨盤の周りの筋肉を引き締め、ゆがみがないスリムな体を実現しましょう。

 

まず自分の骨盤にゆがみがあるかを、簡単にチェックで確認しましょう。床に仰向けに横になって、全身の力を全部抜いてみてましょう。そしてそのままの状態を維持しつつ、足の開き方を確認します。この時、左右の開き方に差があるなら、骨盤はゆがんでいます。もしそうなら、早速、骨盤体操を始めたほうがよいでしょう。

 

骨盤体操をすることによって、骨盤の周りの筋肉が刺激を受けて引締まり、骨盤は元の正常な状態に戻っていきます。そして、骨盤が正常な状態に戻って、そのゆがみがなくなると、神経やリンパの流れが良くなり、健康にも良い影響を与えます。そして、結果的に、代謝がよくなるため、痩せやすい体質になり、産後ダイエットにも効果が期待できるのです。この時の、骨盤を矯正するための体操には、女性ホルモンのバランスも整える効果があるため、不妊治療にも役立っています。

産後ダイエットにおける骨盤矯正の重要性

出産のために、広がってしまった骨盤を、引締めることは、産後ダイエットの重要なポイントであることはおわかりいただけたかと思います。妊娠、出産においては、普通のダイエットと同じように食事制限やエクササイズをしても、骨盤を元の正常な状態に矯正することができなければ、真に産後ダイエットが成功したとは言えないのです。

 

産後に、少しでも早く、骨盤を矯正したいという方は、産後の早い時期でも使用することができる、ガードルや、ベルト、ウエストニッパーなどを使って、骨盤に締まった状態を覚えさせるようにすると効果的です。そして、時間がたつにつれて、徐々にシェイプ力の高いガードルに切り替えたり、ウエストニッパーを使ったりするようにしましょう。その他にも、骨盤の引き締めと同時に、食事の時に脂肪を押さえるように心がけるとさらにダイエット効果が期待できるでしょう。

 

また、もし赤ちゃんを預かってくれる人が近くにいれば、整骨院に行って骨盤矯正を受けるというのも1つの方法です。

最終更新日:2016/7/8