産後ダイエット豆知識2

産後ダイエットと納豆の気になる関係

産後ダイエットには、とても多くのやり方があります。その中でも適度な運動や、ストレッチ、体操などが有効なのは述べてきたとおりですが、食事に気をつけるというのも同じぐらい大切がことです。

 

それをうけて食事法での産後ダイエット方法も数多く取り上げられています。そしてその食事法の中で最近注目されている食品に、納豆があります。もともと納豆は、体にも良いことで有名で、産後ダイエット中といわず普段の食生活の中でも、ぜひ積極的に食べていきたい食品の1つです。そして授乳期の赤ちゃんを抱える母親にも特に良いとされ、良質の母乳を、赤ちゃんに飲ませてあげるためにも、大豆食品の代表である納豆を食べることが良いとされているのです。

 

さてそれでは産後ダイエットに有効な納豆の食べ方を紹介していきましょう。朝と晩、1パックずつの納豆を食べるのですが、そのとき納豆を何も掛けずにかきまぜて、15分位そのままの状態で置いておきます。そうすることによって納豆のねばねば成分が増えてより健康に良くなるのです。また、納豆の中には、大豆イソフラボンというとても体に良い成分が含まれているのですが、、血液中にこのイソフラボンがある状態を保つためには、朝晩の納豆が効果的というデータが出ているようです。イソフラボンはDHEAを増やすためにとても大切な成分ですので是非取り入れていきましょう。このように、体にも、母乳良く、赤ちゃんのためにも、納豆や大豆食品を、毎日の食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

新陳代謝と産後ダイエット

産後ダイエットだけに言えることではないでしょうが、基本的にダイエットをするにあたり、心がけていかないといけないことに新陳代謝の向上があります。年齢が若いときには、ほおっておいても新陳代謝は活発になっているので、まったく気にならないですが、年齢を重ねることで次第に新陳代謝は、衰えていきます。

 

少し年を取っている方は、思い当たることがあると思いますが、例えば足や腕をぶつけてできてしまった青あざがなかなか直らなかったり、枕やズボンの締め付け後が、なかなか消えなかったりなど、このような回復力の低下は実は、全て新陳代謝の衰えからきていることなのです。

 

この新陳代謝とダイエット関係の仕組みを言えば、毎日の新陳代謝で消費するカロリーより、食事で摂取するカロリーの方が少なければ、その分エネルギーが代謝で使われるために、痩せることができるといえます。これをふまえて産後ダイエットを成功させるためには、食事で摂るカロリー以上に、消費するカロリー量を増やせば良いということにないます。言葉でいうだけなら簡単な計算ですが、これを実践するとなるとやはり難しいですよね。

 

しかも、産後は、年齢のこととは別に、あまり動かない生活を続けていたために、新陳代謝が衰えたりすることがあるようなのです。産後ダイエットでは、この衰えた新陳代謝を回復させ、活発な状態に戻さなくてはなりません。そのために、体操やマッサージで、ストレッチなどを行い、体のさまざまな部分に、刺激を与えることで体を目覚めさせる必要があるのです。