産後ダイエットに良い食事

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのことを考えて栄養を摂らなければならりませんので、どうしても食べ過ぎてしまいがちになりますし、ダイエットを考えて食事制限をすると赤ちゃんに悪影響がでるのでは?と不安になるため、どうしても食事は多くとってしまうことが多くなります。

 

ここでは、母子ともに健康で、しかも産後ダイエットによいのはどんな食事なのかを検討してみたいと思います。

産後ダイエットで気をつける食品

ダイエットといえばフルーツを思い浮かべる方が多いかもしれません。確かにフルーツは、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、体にとっても良い所が多い食品です。しかし、多く摂りすぎるのは問題があります。実は、フルーツに含まれる果糖は、とても高カロリーで、あまりダイエットには向かないのです。食べるのであれば、朝かお昼、に少しだけにするか、おやつとして、少量摂るという形をとるのが理想的です。

 

そしてダイエット中食べてはいけないものといえば油分でしょう。これは産後ダイエットだけでなく、普通のダイエットであってもいえることですが油分はダイエットの大敵です。しかし、揚げ物にはおいしい料理が多いですし、ものすごく食べたくなるときが、あるのはしょうがないですよね。こんな時は、できるだけカロリーが少なくなるように、衣をつけず、素揚げのものを食べると効果的。さらに、夕食よりも、昼食時に食べるよう心がけましょう。

 

また、缶詰などの加工食品も、脂質、糖質、塩分が高ものが多く、極力避けたい食品になります。佃煮や漬物も塩分が高いため、できれば自分で作った物を、少しだけ食べるというスタンスを摂る方が良いと思います。

 

産後、体調が安定してきたら、高カロリーな食品をさけて、低カロリーで高タンパクな食品を中心にした食事を摂るようにすると産後ダイエットには効果的です。一日三食を、決まった時間に、きちんと摂ることも重要です。食生活が不規則になってしまうと、生活リズムがくずれ、せっかく食事に気を遣っていても産後ダイエットが成功しないこともあるので注意しましょう。

母乳育児の落とし穴

母乳育児は、産後ダイエットにはとても効果があるといわれており、その理由は母乳を与えることで子宮が収縮し、早く元の状態に戻るように体に指令が行くという作用があるからといわれています。

 

しかし、母乳育児を続けているのに、少しも体重が減らない。変化がないどころか、太ってしまったという母親も中にはいるようなのです。母乳育児は、ダイエットが効果が期待できるものだということは確認済みですので他に原因があるはずですね。そして母乳育児で痩せない原因の1つは食生活にあるのではないかと考えられるのです。

 

母乳育児では、母乳を作るために、母親が食事で体内に取り込んだ栄養を使っています。この母乳を作るという働きは実はかなりのカロリーを消費します。その消費量はご飯を食べても、赤ちゃんに母乳を与えると、またすぐにお腹が空いてしまうほどです。

 

まあ、だからダイエットにもなるのですが、しかしお腹が空いたからといって、その都度好きなものを食べ放題にしていたとしたらどうでしょうか?いくら母乳育児でも、痩せるわけがないですよね。逆に、低カロリーで高タンパクな食事を心掛けるようにしして、間食がしたいときは、バナナや牛乳、プルーンなどの油分が少ない物を少量、時間をかけて食べるようにすると、母乳でどんどんカロリーが消費されていくため産後ダイエットとしてはすごい効果が期待できます。

 

気付いた頃には、少し体の線がスッキリしてきていることに気づくはずです。必要な栄養を摂ることと、栄養を摂り過ぎることは別ということを、頭に置いておきましょう。