産後ダイエットの注意点

産後ダイエットをすることは出産をしたお母さんにはとても重要なことに思われるかもしれません。しかし、元の体型に戻り体固めに、ダイエット中心の生活になってしまったり無理なダイエットをして体を壊してしまっては、元も子もありません。母親にはダイエットよりも大事な子育てという仕事があるのですから、体に無理をさせず。注意点を理解した上で産後ダイエットに望みましょう。

産後ダイエットはゆっくり進める

産後、母親には育児という大変なお仕事がまっています。特に母乳をあげる母乳育児をしている方などは、無理な食事制限をするなどのダイエットをしないことがお子さんのためにも重要なことになります。母乳育児をしている方なら、母乳を与える時期が終えてから本格的なダイエットを始めるのが良いと思います。自分が痩せることより第一に子供のことを考えなくてはなりませんからね。

 

ここでいう、無理なダイエットというのは、食事を抜いたり、食事に無理なカロリーコントロールする。または、ダイエット食品やサプリメントなどを食べたりいったダイエットのことです。ダイエットをするとき一番大事なのは、バランスのとれた食事を心がけるとうことなのです。

 

特に、授乳時期の母親には1日に2,150から2,200kcalという普段の倍以上のエネルギーが必要となります。食事は主食、主菜、副菜をバランスよくとるようして、必ず1 日3 食をきちんと食べないと持ちません。この時、妊娠や出産で失いがちな鉄分やカルシウムを補えるようなメニューを取り入れるとさらに良いです。

 

また、授乳時期にカロリーを減らすダイエットはよくありませんが、一方で、生クリームやチョコレートなどの甘いものや脂肪分が多い物などは、質の良い母乳をだすためあまりよくありません。

 

オススメなのは、シンプルな和食メニューをバランスよく食べるという方法で、和食には脂肪や、当分が少なくバランスも良いため良い母乳を作るのに適した食事といえます。考え方としては自分のためではなく、赤ちゃんのためになる食事をとうことを心がけて食事をとるということが大事です。そうすれば、母乳の出も良くなりますし、お母さんのエネルギーも効率よく消費されるので産後ダイエットという意味でも効果が出てきます。

 

産後半年ぐらいは、このような母乳育児をおこなって徐々に体重を戻していくことを心がけて無理はしない。そして、その期間が過ぎてから、シェイプアップを本格的にはじめるという流れにするのが、母親のためにも子供のためにも一番良い選択だと思います。また、スポーツジムなどに行かなくても日常に、運動をする機会はあふれています。例えば、買い物をするときに車を使うのではなく、歩いたり、自転車を使うだけでも全然違うのではないでしょうか。

 

また、初めからキツい運動に、頑張って励まなくても、軽めの運動から始め、その後、だんだんに負荷のかかるものに切り替えていくこの産後ダイエットの方法は、つらさも感じ難いため成功の確率も大きくなると思います。とにかく軽い運動でも良いので、毎日、こつこつ続けていく姿勢が、産後ダイエットにも、健康のためにも、重要なのです。

pickup

Last update:2016/7/8