産後ダイエットに良い運動

妊娠中や出産後は体がデリケートになっているため、運動をするを躊躇してしまうかもしれません。しかし、体を動かさないままというのは、体だけでなく心の面でもあまりよくないですし、何より産後ダイエットには必要不可欠な方法の1つとなります。

 

ここではそんなデリケートになっている体をいたわりつつ産後ダイエットに有効な運動を紹介します。

 

腸腰筋を鍛える

産後ダイエットを実現するためには、骨盤矯正をするというのが有名です。最近では医師と一緒に道場のようなところで断食を行うというのもあります。断食と言っても医師の下でやるので安全ですし、もし断食道場に行けない方も無理な断食を行わなければ自宅ですることが出来ます。

そして有名な骨盤調整は、なぜ骨盤矯正が産後ダイエットには有効な手段となるのでしょうか?

世界でトップクラスの活躍するスポーツ選手たちが、とても重要視して鍛えている筋肉があります。それは「腸腰筋」という筋肉で、この腸腰筋は、腸骨筋と大腰筋とで構成される筋肉です。それぞれ骨盤の上部と腰椎と胸椎の一部から伸び、大腿骨へ繋がるこの筋肉は、体の動きを司る大変重要な筋肉なのです。

 

スポーツ選手を例に挙げて説明しましたが、腸腰筋は、スポーツの世界に携わる人に限らず、一般人にとっても、とても重要な働きをする筋肉です。具体的には、福祉施設などで歩行ができないお年寄りに対してこの筋肉を鍛える治療をしているそうで、以前は、太ももの筋肉を鍛えていたのですが、それだけでは、仮に歩けるようになっても、すぐにつまずいてしまうことが多かったようなのです。しかし、鍛える筋肉を、太ももから腸腰筋に変えてみると、つまずくことが無くなってきているそうです。

 

この事実は産後ダイエットにも共通点があり、この腸腰筋は骨盤を支えている筋肉のため、妊娠、出産の際に緩んでしまった腸腰筋をきたえて引締めることは、産後ダイエットにおいても効果的であるといえるのです。

産褥体操でスロー産後ダイエット

また、出産のための入院中も、なるべく早いうちから無理をしない程度にでも、軽い産褥体操などで体を動かした方が出産後に体が太るのを極力防ぐことができます。そうすることで、子宮が収縮しますので、産後の出血も少なく済む場合もあるため一石二鳥です。また、産後の授乳にしても、粉ミルクをあげるよりも母乳にする方が、子宮が収縮して、早く体が元に戻ることが分かっているそうです。これも、産後ダイエットと言えるのではないでしょうか。

 

出産直後の身体は、普通の状態ではないので、焦っていきなり過度な運動をするのは問題外です。最近では、お産した病院でも、入院中に、体に負担がかからない産褥体操を教えてくれるところも多くなっていますので、まずはゆっくりと、頑張って実践することから始めましょう。焦らなくても続けていれば必ず体は元に戻ります。

 

それに、産褥体操は、元々産後の体を元に戻すために考えられた体操ですので、産後ダイエットにはもってこいの体操といえます。妊娠中に、緩んでしまった筋肉を、元の状態に戻すために効果的なプログラムを組んであり危険もないため安心して行うことができます。それに、母乳の出を良くする効果もあるため、赤ちゃんにとってもうれしい体操ということになりますね。やっぱり、粉ミルクをあげるよりも、自分自身の母乳で我が子を育てたいと思うお母さんは多いのではないでしょうか。

 

また、産後の体は、妊娠によって変化していた体内を、元の状態に矯正する力が、自然に働くようにできているのです。この時期に合わせ、自分の体調と相談しながら、少しずつ負荷のかかる体操に切替えていくと、必ず産後ダイエットは成功します。何せ体の構造がそうなっているのですから。くれぐれも焦って無理な運動をするのだけは避けてください。

最終更新日:2016/6/6